フレシャスのデメリット

  • お水の料金は安くはない

  • 初期導入費用は安いのですが、フレシャスの天然水はRO水と比べると高いです。
    ただ、非加熱処理の水という事を考えると高コストになりますから、安心・安全・おいしさを求めるなら目をつぶるしかないですね。


  • 水の購入ノルマがある
  • 一か月で7リットル×4袋の購入ノルマがあります。
    でも、連絡すれば一か月までは、お休みできますから、実際は、2カ月に一箱(7リットル×4袋)がノルマとなります。
    まぁ、2か月で28リットル利用できないという人は、一人暮らしの方でもほとんどいないのではないでしょうか。


  • メンテナンスをしてくれない
  • フレシャスは、基本的に自分でジョイント部分を拭くなどのセルフメンテナンスのみでOKなので、定期的にサーバーのメンテナンスをメーカーがするわけではありません。
    考え方を変えると、メンテナンス費用(他のメーカーだと年間5000円ほど)がかからない。
    ただ、問題が発生した時など、連絡すればすぐにサーバーを交換してくれるようなので、安心しても良いでしょう。


  • 一箱はチョット重い
  • 一袋は、7リットルなので、サーバーに設置する際は、軽くて良いのですが、配達される荷姿は、一箱に4袋入っていますので、28リットル(28㎏)あります。
    男性は良いとしても女性にはちょっと重いのではないでしょうか。


どれも決定的なデメリットではないと思います。

メリットとデメリットを比較してみて下さい。




Topics