水の種類

    飲料水には以下のような種類があります。

  • ナチュラルウォーター
    ある特定の水源から採取された地下水をその原水とし、ろ過や沈殿、加熱殺菌以外の物理的かつ化学的処理(オゾン殺菌であるとか紫外線殺菌など)を行っていない水の事をいいます。
  • ナチュラルミネラルウォーター
    ナチュラルウォーターに分類されるもののうちで、地下を移動している際や滞留しているときに、ミネラル分が溶解したものをナチュラルミネラルウォーターといいます。
    簡単に言えば、ナチュラルウォーターのなかで、手を加えない状態でミネラルが含まれている状態の水の事です。
  • ミネラルウォーター
    ナチュラルミネラルウォーターをその原水として、飲料水としての品質を安定させるために、ミネラルの調整などの手が加えられている水の事をミネラルウォーターといいます。
    日本では農林水産省が「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」を策定し、細分化して定められています。
  • ボトルドウォーター
    飲料可能な水をその原水とし、人工的加工を行った水の事をボトルドウォーターといいます。
  • RO水
    特殊なフィルターを通し、分子レベルまで処理を行った水の事をRO水といいます。
    そのため、不純物の混入が限りなく0に近い状態の水となります。

「フレシャス」の水は、「ナチュラルミネラルウォーター」に分類されています。
特長として、品質管理に最も手間と技術を必要とする天然水。天然のミネラルと美味しさの重要な要素である溶存酸素を含んだお水です。




Topics